メールでのお問い合わせ  中古住宅 リノベーション 中古住宅 マンション リノベーション 資料請求
お問い合わせ 中古住宅 リノベーション電話でのお問い合わせはこちらから

【コラム】部屋が美しくなる「スウェーデン式のゴミ分別」でエコ賢く暮らそう!

  • 投稿日:2015年 11月12日
  • テーマ: コラム

こんにちは!
環境循環型新築注文住宅・リノベーション
むくむくはうす神奈川の今井です。
むくむくはうすのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
今回は皆様に、今日から実践できるエコで賢い暮らしのポイントをご紹介します!


環境コンサルタントのペオさんが教える!部屋が美しくなる「スウェーデン式のゴミ分別」


むくむくはうすは「一緒につくる楽しい家」をコンセプトに、地球環境に配慮した循環型のエコライフを送ることで、
住宅のエネルギー消費を抑えながら経済的にも楽になる住まいづくりを行っています。

ここでご紹介したいのが、環境コンサルタントのペオ・エクベリ氏。
環境先進国スウェーデン出身で、NGO環境団体のリーダーでもあるペオさん。
彼が自宅リフォームを行った際にむくむくはうすの考え方に共感してくれて以来、
私たちむくむくはうすと一緒に日本初となる世界基準の環境循環型住宅
「One Planet House® プロジェクト」をすすめています。

mkmkhouse_p.png

むくむくはうすで実現した、ペオさんの「One Planet マンション


ペオさんご夫妻は2010年、中古マンションのリフォームを行い、"エコ"を計りました。
リフォームの目標は、日本の平均家庭と比べて、環境負担を少なくとも半分(50%)にすること。
そして、50%減らす、あるいは2倍効率UPの家づくりによって、地球1個分の範囲の中で達成しました。

今回は「エコで賢い暮らし」をまさにご自宅で実践しているペオさんから、
部屋が美しくなる「スウェーデン式のゴミ分別」を教えていただきます!


1か月のゴミはサッカーボール1個分!~エコで賢く暮らす、ゴミを減らす3つのポイント~

ゴミは嫌いですか? →私もです。
分別はめんどくさいと思いますか? →私もです

だからこそ、私と妻は「スウェーデン式の分別」を取り入れました。
今は楽々!しかも、年間で24時間も時間の節約ができます。

私と妻は月1回、サッカーボール1個分ずつぐらいのゴミしか捨てません。
それを聞いたら、びっくりする人がとっても多いです。

サッカーボール.jpg

でも実際は、スウェーデン全国の人口一人当たりの家庭ごみの平均排出量も同じぐらいです。


1か月のゴミがサッカーボール1個分で済む秘訣とは?

ヒントは「スウェーデン式のゴミ分別」の3つの考え方にありました!

ステップ1. 分別は店から始まる!

お店で買うものは「商品」であって、「包装紙」「レジ袋」ではありません。
新しいレジ袋をもらわない、過剰梱包は避ける、この簡単な作業によって、ゴミはびっくりするほど減ります。

放送なしの食品を最初から選べば、ゴミを家に持ち帰らないので分別も不要。簡単ですね。

スーパーでは果物を買うとき、何が欲しい? 商品 or レジ袋?
コーヒーショップでは? コーヒー or 使い捨てのカップ?
(コーヒーなら、レジで「マグカップでお願い」と伝えましょう!)。

もし近くに包装の少ない商品が見つからなければ、野菜や食品の宅配を頼みましょう。
包装があっという間に減りますよ!

ステップ2. 家では便利な分別システムを作る

キッチンのシンクの下にリサイクルやリユース専用の箱(手造りでOK)を設けると、分別が簡単になります。
スウェーデンでは一般的です。
シンクの下のドアを開けると、
「ガラス・空き缶・牛乳・ジュースパック・プラスチック・新聞」の箱が並んでいる為、
10秒でリサイクル箱へモノを入れられます。
(「ゴミ」というものは、残っているリサイクル・リユース不可能なものだけ。)

kitchen_p.jpg

しかもそのドアを閉めると、「ゴミ」は見えなくなる!
各部屋にはごみ箱は一切置いていません。これで、部屋も美しくなります。

ステップ3. スウェーデン式のゴミ分別のもう一つの利点:時間の節約!

私たちの場合(東京都内のマンション)、ゴミを捨てるのに毎回約5分かかるとします。
週に平均2,3回捨てに行けば、ゴミ捨てのために年間約10時間を使っていることになります!

私たちの場合は月に1回ぐらいしか捨てに行かないので、
年間合計1時間しか失いません。
(年間1日ほどの時間を節約できています)

その節約した時間には「ゴミを捨てること」よりもっと楽しいことができます!
本を読んだり、友達や子供と一緒に話したり、遊んだりなど。


むくむくはうすが提案する、サステナブルな家造り

いかがでしたか?
買い物の際には是非、「本当に欲しいものは商品?それとも袋?」の質問を

思い出してみてくださいね!
また、ペオさんが実践しているゴミを減らすための工夫には、
今回ご紹介していないもう一つのポイントがあるんです...!
その取り組みはまた、次の機会にご紹介しますね!

普段の生活から少し意識を変えてみると、ゴミを減らせる工夫や
資源を大切に使うための行動など、環境の為に私たちができることは多々あります。

前回の記事でも少しお話しましたが、
私たちが大切にしているのは、
環境循環型住宅の取り組みを通して「未来へつなぐ住まいづくり」をすること。
建てては壊し、大量の廃棄物を出し、さらに作る・建てるを繰り返す今
古き良き時代から受け継いだ暮らし方や、ものを大切にする心、
季節・自然からの恵みを上手に取り入れながら住みつなぐ家、
サステナブルな暮らしをご提供したいと考えています。

むくむくはうすをもっと知りたい方へ

私たちむくむくはうすの"環境に正しい"家づくりへの思いがぎゅっと詰まったむくむくはうすの雑誌、
『エコで賢い家 One Planet House vol.1』が発売開始となりました。

ecodekashikoi.jpg

ひとりでも多くの方に、まずは「むくむくはうす」の存在を知っていただきたいと思っております。
そこで、皆さんのお手元に届けられるよう、
資料請求をいただいた方には発売記念で雑誌をプレゼントいたします。

雑誌のプレゼントをご希望の方は、
資料請求の際に「エコで賢い家希望!」とご記入くださいませ。


▼資料請求はこちらからどうぞ!
shiryouseikyuu.jpg




▼初めての方はこちらをご覧ください。




他、ショールームやイベント情報もご覧ください。



むくむくはうす 家づくりのコンセプト 「一緒につくる楽しい家」


こんにちは。
むくむくはうす神奈川の今井です。

むくむくはうすのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
今回はむくむくはうすの家づくりのコンセプトを改めてご紹介します。

私たちむくむくはうすの家づくりは、単に「家を建てるだけ」ではありません。

建てる前から建てた後、そしてそこから未来へつながるライフスタイルまでもサポートすることだと考えています。



「建てるだけ」で終わらない-むくむくはうすのコンセプト 「一緒につくる楽しい家」


むくむくはうすでは一棟一棟お客様の要望に合わせ、皆様と「一緒につくる楽しい家」を目指しています。

top.jpg

"素足でも気持ちいい家がいい"
"子どもにはなるべく自然に触れさせたい"
"木漏れ日の中でウトウトできる縁側がほしい"

造る段階からわくわく、造っている最中もわくわく、住んでからさらにわくわく。
そんな、わくわくいっぱいの家づくりを、お客様と私たちスタッフ、職人方と一緒にカタチにしていきます。

その土地土地で、住まい方はさまざま。
長年四季の中で暮らしてきた先人の知恵、伝統も取り入れながら、
環境に正しい自然素材やサステナブルなエネルギーを利用した
「One Planet House ®」を目指します。


環境に正しい"地球1個分の家"-「One Planet House®」とは?


「One Planet House®」とは、自然の循環のサイクルに合わせた「地球1個分」の暮らし方のこと。

大量生産・大量消費・大量廃棄を繰り返す現代の人々は、
自然の循環サイクルよりもはるかに速いスピードで資源を消費し、使い尽くそうとしています。

2015年現在で全世界の1年間あたりの資源の消費量は地球1.5個分。
2030年には地球2個分の資源が必要になると言われています。


地球が2つ.jpg

環境に負荷を与え続けて起こる問題は、決して他人事ではありません。

持続可能な「地球1個分」の暮らしで未来へ正しい環境を残すために、
むくむくはうすの家づくりでは以下の3つのルールを守っています。

・自然の循環サイクルを守ってトレーサビリティのとれた素材を使用する
・地下資源ではなく、地上資源(自然に還る素材)を使用する
・生物多様性を守る

このようなルールを軸に、私たちは環境負荷の少ない地球1個分の家、「One Planet House ®」を広めています。
環境に正しい本物の自然素材のみを使用し、住まう方々のココロとカラダに優しい住まいづくりをご提案します。


エコ=窮屈ではNG。 ムリなく快適に暮らすためのデザイン


「環境に正しい」や「持続可能」と聞くと、
どうしてもエコな暮らし方=「窮屈」「大変」「我慢」といった印象を持ちがちです。

むくむくはうすでは、
環境への負荷が少ない暮らしを楽しく実践できる住まいづくりに取り組んでいます。

環境に正しく住まいながらずっといたくなるような心地よさはデザインから生まれます。
建築家と建てる住まいとして意匠性という意味でのデザインはもちろん、
環境に正しい暮らし方もデザインするのがむくむくはうすのスタイルです。


ecodekashikoi.jpg


そんな私たちの家づくりへの思いがぎゅっと詰まったむくむくはうすの雑誌、
『エコで賢い家 One Planet House vol.1』が11月より発売開始となりました。

皆さんのお手元に届けられるよう、
資料請求をいただいた方には発売記念でプレゼントいたします。

雑誌のプレゼントをご希望の方は、
資料請求の際に「エコで賢い家希望!」とご記入くださいませ。




▼資料請求はこちらからどうぞ!
request002.jpg




▼初めての方はこちらをご覧ください。




他、ショールームやイベント情報もご覧ください。



【収納】こんなところが工夫できる!料理が楽しくなる収納の工夫


むくむくはうすのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

じめじめした梅雨時期ももうすぐ終わりでしょうか。
梅雨の時期は外に出ることもね、、、
という方もいらっしゃると思います。
そんな時こそ、リノベーションに関しての知識を深めましょう!

今回は、キッチン周りの収納に関してです。

あなたのおうちはうまくできてる?収納のお悩み

何が問題かって、とにかくものが多い。、
ここに尽きるのではないでしょうか。
うまく収納できない場所として、キッチンやクローゼット、洗面なんて場所が多いのではないでしょうか。
スペースが限られているので、すっきり片付けばいいのに!と思っている方も多いはず。

ただ、現状のスペースを有効活用して、最大限に。
というのも限界がありますよね。
収納術の問題もありますが、スペースをうまく作るリノベーションも考えてみてはいかがでしょうか?

【見える収納】部屋の雰囲気にテイストを合わせる

中古住宅 神奈川 むくむくはうす 東京 マンションリノベーション

隠すのが苦手なら、テイストを合わせてお気に入りの食器やアイテムを見せてしまうことも
ありですよね!

隠す収納から見える収納への転換をしてみる。

お気に入りのお皿やグラスなど。見えることで、生活の質も上がりますよね。もちろん、自分のお気に入りなので、
気分も上がります。
隠すより見せて、飾るという発想の転換。見せる収納お勧めですよ!


使用頻度が高いから、出しっぱなしの見せる収納でもほこりがたまる心配なし。使う前にさっと服だけでOKですよ。見せてしまうオープンラックの食器棚は究極の"ワンアクション収納"です。

【隠す収納】シンク下のスペースを有効活用

神奈川 むくむくはうす 東京 中古住宅 マンションリノベーション

スウェーデンに限らず、北欧の空間ではあるものが見当たらないことが多いです。
何でしょうか?

そう、ごみ箱です。

ごみは無駄なものなので、なるべく隠してしまいたい。

キッチンでも同じで、皆さんゴミ箱をどうしようか??
と悩まれることも多いのではないでしょうか。

シンク下を有効に活用することで、隠す収納も可能です。
ゴミがない生活も素敵ですよね!!

【収納】まとめ

一番は、自分がしたい生活をどう実現していくのか?を考えてみることが必要。
収納に関しても、調べて、自分でDIYという手もありますが、プロに相談してみることも一つです。

マンションリノベーション 神奈川 むくむくはうす 東京 中古住宅

実際にはまず、自分の気に入ったものを集めて、見せる。
気に入らない、気分が乗らないものは極力隠すことで、理想の空間をつくることができると思いますよ。



川崎、横浜、東京のリノベーションならむくむくはうすにご用命ください。
初めての方はこちらをご覧ください。





前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8

  • はじめにお読みください 中古住宅 マンションリノベーション
むくむくはうす 家づくりを支える3つのこだわり
  • 中古住宅 マンションリノベーション むくむくはうす コミュニケーション&コミュニティ
  • 中古住宅 マンションリノベーション むくむくはうす 環境&健康
  • 中古住宅 マンションリノベーション 暮らしをデザインする家